社内のパソコンを処分する際の問題点

以前、社内で使用していたパソコンの処分などに関わっていたのですが後任から処分について相談があり、この手の情報は必要なのかなと思いメモを残す事にしました。

パソコンを処分する場合、まず以下の3点を決める必要があります。

  • 買取or廃棄処分
  • データ消去
  • 業者選定

買取or廃棄処分

パソコンやネットワーク機器などはよほど古くない限り買取してくれる業者がいるのですが会社で使っていた物ですと状態が悪かったり、付属品が揃わないため個人で使っていた物と比べ買取値はかなり安くなります。その金額を得るために再度市場に流れるリスクを負ってもOKかNGかで処分方法を決める必要があります。

買取のリスク

個人でパソコンを買取に出した場合、状態が良いので中古のお店などで売られる事がほとんどだと思いますが、企業で使ったパソコンは同じ物が多く全国に店がある会社でもない限り物がダブつきますので輸出業者に流れ、海外へ送られるのだと思います。これは問題が起こったときに発覚したのですが、輸出禁止国?行きの荷物から買取に出したパソコンが見つかり確認の電話が来たことがあります。製造番号から購入者を確認したのだと思いますがとても驚きました。結果として輸出しようとしたのは処分に出した業者とは違っていたのでそれで終わりでしたが、社内への説明などあとから面倒な事になったのでそれ以降は買取に出した事はありませんでした。よほど新しいく金額が付く物でなければ買取はやめた方が良いと思います。買取に出す場合も店舗があるような有名な会社に出すのが安全です。

廃棄処分のリスク

買取業者も怪しい所がありますが、もっと怪しいのが廃棄処分業者です。カレーチェーンの廃棄したはずの冷凍とんかつがスーパーで売られていたなんて話がありましたよね。パソコンの場合はどのように廃棄処分が行われているのか見学した結果自分の思っていたイメージとは全く違っており、あーとんかつ見たいな事おこるかもねって感じでした。自分のイメージでは廃棄物の中間処理業者が処理すると粉砕され金属やプラスチックなどに分別されるのだと思っていましたが実際は金属とプラスチックの一部取り外しするが、部品はそのままで次の処理業者に売却されているようでした。その時気になったのがハードディスク、自分の所で出した物はハードディスクを消去した後でしたが、この状態で売られているのだとすると結構怖いなって思いました。その後は廃棄処分する場合、ハードディスクは消去した後更にハンマーで壊すようになりました。業者選定の話の時にもう少し詳しく書きますが、3社見学して2社同じような感じでしたのでどこもそんな感じなのではないかと思います。

花粉症がひどくてダメなので続きは後日…

一人暮らしの人は自炊しない方が良いよ。

私、もう28年一人暮らししていますが結果として自炊はしない方が出費少なく済むし時間も有効に使える。これから一人暮らしする人の夢を壊してしまいそうだけど

自炊は基本しない方がよい!

自炊するメリットとして食費を抑える、バランスの取れた食事をとるなんて事考えてしまうかもしれませんがデメリットが多すぎる。

こんなにあるデメリット

  • 食材が無駄になることが多い
  • バランスを考えるとめちゃくちゃ高くつく
  • 生ゴミの処理が必要(週に2回しか捨てれないんだぜ)
  • ガスレンジの掃除がくっそ面倒
  • 部屋に生活臭が漂うようになる
  • 食事を作る時間が必要

学校や仕事でストレス感じる上にこんなデメリットがあったらホントやってられなくなる。食事は外食や即席で済ませてストレス解消できる時間を作るのが正解なんじゃないかと。

外食は高いのか?

高級な物が食べたければ高いですけど、牛丼屋、ファミレスならかなり安いです。例えば朝食ですが、なか卯の納豆定食は300円。ごはん、納豆、生卵、海苔のセットが300円なんですよ。これ家で用意したら安くなります?ごはん焚くのどんだけ時間かかるんです?これに唐揚げが付いたらどうです?なか卯は唐揚げ無料クーポン(2枚セット)が定期的に配られクーポンを1枚使ってもまたもらえるので無限増殖するんですよ。家で唐揚げ作るとか汚れるし臭うし絶対したくない。ほら外食お得でしょ。

毎朝納豆定食とか野菜不足になるじゃん。。て人は松屋、ソーセージエッグ定食400円です。ごはん、ソーセージ、生野菜、海苔、漬物、さらに肉や豆腐が1品選べるんですよ。しかも今ならPayPay使えるんで全額無料になることもあるし割引もあるんですよ。ほら外食お得でしょ。

あと、吉野家の朝飯は選択肢としてない。残念すぎる。

昼も考えてみよう。弁当作っていく?朝早く起きて弁当作る?朝はゆっくり寝てるのが幸せだよ。 学食や社食があれば昼飯安いよね。無くたって昼は500円あれば色々食えるし、安く済ませたければはなまるうどん行ってかけうどん(小)にかき揚げいれても270円だよ。ほら外食お得でしょ。

夜はラーメンだって定食だっていいじゃん。800円位あれば食えるよ。

朝、昼、晩+飲み物かったりしたりしても一日1800円位。自炊したら安いの?ご飯作る労力は無料なの?ほら、自炊しない方がお得でしょ。

作る時間があるなら働いた方がお金が貯まる。

マザーボードを交換した話

これまで AsrockのFatal1ty AB350 Gaming K4を使ってきました。RYZEN1700で使い始め、2700Xに載せ替えてこれまで使ってきました。そんな不満のない状態でしたが RYZENが発売されてから2年経過した記念にマザーボードの交換を行いました。

本当は故障する前に交換してしまおうというのが理由です。基本24h365動いており、夏場にエアコンを点けないのでかなり過酷な動作環境です。これまでもコンデンサよりも先にFETが壊れてるんですよねw

そんな環境なので今回は丈夫そうな奴というという事でASRockの
B450 Steel Legend を購入しました。12kコンデンサ(105℃で12000時間使えるよって奴)、60Aチョーク採用で高耐久を売りにしている感じの製品です。ASUSのTUFシリーズと同じ感じですがTUFシリーズの色が嫌いなのでこっちにしました。 レイアウトも良いし、M.2のヒートシンクが付いているのはとてもよい。これだけで1000円得した気分!

実際に使いはじめて気づいたのですが良いことだけではなくGaming K4にあった Sound Blaster Cinema 3の機能が無い。これ結構使っていたので非常に残念です。

それ以外は概ね満足ですが本当に高耐久なのかは少々気になる所です。phase数が9から6に減ったので各FETの温度は上がるはず。同じphase数で高耐久のパーツに変わったのであれば寿命はのびそうですけど、これはphase数を減らして単価をおとした。パーツ点数が減ったので故障発生率が下がるというのを売りにしようというが実際の所じゃないかと思います。OCがーとかいう話ありますけど2700Xは空冷動作ではあまり余力がないので関係なさそうw極冷の話だけでしょって感じです。

ZEN2発売時に新しいチップセットが出るとは思いますがエントリーモデルですし安く組むには良いのではないでしょうか。

光るよっ

ONKYO R-N855その後

現在の構成

アンプ:ONKYO R-N855
スピーカー:DALI ZENSOR 1
スピーカーケーブル:ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α
電源ケーブル:ZONOTONE 6N2P-3.0MEISTER
電源プラグ:Panasonic WF5018K
電源コネクタ : SCHURTER 4781

予算10万円でしたが満足できる構成になりました。スピーカーは以前からZENSOR1使っていましたがディスコンになった後、値段が上がっているので今なら新しいシリーズ買った方がきっと良い、本当はそっちが欲しかたったしね。 スピーカーケーブルはとても悩んだ。SAECのSPC-650と2200αを比べていたのですが2200αの方が纏まりがいいかなって事で最終的にコレにしました。 電源ケーブルはスピーカーケーブルと同じメーカーの方が方向性としてあうかなとコレに。電源ケーブルはオカルトとか言われる事多いですけどホント変わる(少し)。 プラグ、コネクタ、ケーブルの組み合わせがあるのでとっても楽しい。秋葉原が近ければオヤイデに行けば色々と揃うし安いと思う。

現在電源タップも色々試してみています。これも楽しい

メモリー買って容量が増えたのは良いがSSD容量が

今日、2019年2月17日なんですけれどDDR4の16G2枚セットが2万円程度になりメモリー増設を考えている方増えているはず。

数年前はめちゃくちゃ安かった事もありメモリー増設を我慢していたそんな自分ですが16Gを4枚買ってしまいました。

やったぜ64G!

メモリー容量を増やしたときに問題になるのがディスク容量の減少。PCを休止(ハイバネーション)する際にメモリー内容を一時的にディスクに書き込む為、ディスク容量が大きく減ってしまいます。(メモリー容量が多いほど減る量が増える。)

HDDだったらあまり問題はないと思いますがSSDで64G削られるのは辛いですよね。

デスクトップPCの場合、ハイバネーション機能が使えなくてもあまり困らないと思いますので機能を切りディスク容量が減る事を防ぐ事が可能です。

windows10の場合ですと左下のWindowsマーク→Windowsシステムツールをを開き、コマンドプロンプトを右クリック、その他→管理者として実行を選びます。

コマンドプロンプトが起動したら

powercfg.exe /hibernate off

と入力しEnterを押すとハイバネーションがoffになります。

元に戻したいときは

powercfg.exe /hibernate on

で元に戻せます。/hibernate の部分は /h だけでもOKです。

 

 

 

 

知人の家のユニットバスがカビだらけだった話

飲んだ帰りに電車がなくなり、知人の家に泊めてもらったのだが風呂場のカビがやばかった。

トイレ別のユニットバス、換気扇回してないのか?とおもったけど普段から換気扇はONで扉も全開だよって話。え、全開なのって…

ユニットバスの扉閉めておかないと風呂場内乾くの遅くなるからカビるんだよって言ったら全開の方が乾くんじゃねって…

いや、扉の下の通気口からはいって天井の換気扇から抜けるのが一番乾くぞって説明してやっと理解。ほかにも同じような人いたので書いとく。

ユニットバスは換気扇を回して扉を閉めろ。

すでにカビだらけの場合はカビキラーして上からラップ貼り付けて蒸らして一晩明けたら軽く擦るんだ。

MicroSD SanDisk ULTRA 無印とA1読み書き速度違うの?

GoProを買ったのでMicroSDを買いあさっているのですが、どうしても速度が気になるんですよ。すっきりする為にMicroSD SanDisk ULTRA 無印とA1にどの位の差があるのかCrystalDiskMark 6.0.1で計測してみました。

パッケージの表記だとA1の方が20MB/s(読み込みか書き込みかは分からないけど)速そうなのですが結果は以下の通り

A1

無印

Android端末でアプリ入れたら差が出るのかもしれませんが速度は大差無いような気がします。amazonだと結構値段違いますが秋葉原では200円位の差です。A1買った方が良いのかな。

ヨドバシの福袋当たったのでGoPro始めました。

これまでも動画は全く撮影したことがなかったのですが来月ラリーを見に行く事もあり、動画撮影してみようかなってヨドバシの福袋の通販に申し込んで当選、福袋なのに年末に届いたw(正月に新宿のヨドバシに寄った時にも売ってたのでハズレてても買えてたな)

そして、ジンバルも買ってしまった。それなら現行のHero7Black買えよって思われるかもしれませんが、最近のファームウェア出るまで夜撮影はまともに撮れない状態という話を見かけていたのでHero6Black+ジンバルがいいなって思ってんですよね。

買ったジンバルはこれ

Hohem iSteady Proって奴でamazonではなくTOMTOPで買いました。お値段8,500円位(香港からの送料込み)と安い。youtubeなどでレビュー多いので気になる方は確認してみると良いと思います。

まだ少ししか撮影していないですが電池の減りが早いという事もあり互換バッテリーをまず購入したのですが、amazon見ているとアレもコレもほしくなってしまい、色々なフォルダーがセットになっている物などを購入してしまった。これまで買ったのは以下の通り、どれもちゃんと使えています。(いろんなフォルダーの詰め合わせは一部しか使ってないけどねw)

とりあえず色々撮影してみます。

Sandisk microSDXC 128GB SDSQUAR-128G-GN6MA+GoProで4K撮影

2018年12月中旬頃からSandiskのmicroSDカードが安くなり始めました。

東映無線でSandisk UltraのmicroSDXCが1,980円だったのですが、その後すぐ新型と思われるSDSQUAR-128G-GN6MA(A1と書いてある物)も2,200円と安く売ら始めたのでGoPro6用として購入しました。

GoPro6で撮影した4K60fpsのデータを見ると総ビットレートは61,717Kbpsなので8MB/s位の速度がでるメモリーカードであれば問題なさそう。

GoProのサイト見るとextremeが推奨されているのでそれが良いのだとは思いますがultraでも問題なく4K録画することは出来ました。

ベンチマーク結果載せときますね。

2019年1月2日時点のamazonの価格は3,080円なので秋葉原で買った方が安いですね。(交通費とかかかる場合はamazonで良い気もする。)

TA2020のキットアンプからONKYO R-N855へ変更した。

10年位前でしょうか、カマデンから出ていたTA2020のアンプキットをコンデンサ交換したりしながら使ってきました。

自分では納得の音で満足していたはずなのですが高級オーディオに触れる機会があり、やっぱメーカーが作ってるアンプはバランスが素晴らしいなって思いまして新しいアンプを購入することに決めました。

はじめは中華アンプと呼ばれてる安い物で良いかなと思ったのですが、鳴らしているのを聞かせてもらうとTA2020のキットよりなんかねぇって感じで同じか以下って感じなのでやはりメーカー製にしようと言うことで機種を調べて行きました。

まず始め気になったのはDENONのPMA-390RE。スピーカーがDALIのZENSOR1を使っていることもあり、組み合わせに定評があるようだったので試しました。この機種18000円台ととても安いのですが作りもホント安っぽい。

音は結構気に入ったのですがボリュームの安っぽさに納得できずアウトっ、ホントに安いから安っぽくても仕方がないのだけど…

そして次はDENONのRCD-M41-SPをチェック、音は良さそうだけどこのサイズのアンプの売り場を見ていたとき、ネットワーク対応という他機種が気になりだした。これまでもソースはラズパイにVolumioを入れた物を使用しておりNASやネットラジオなど聞くことが多いので、ネットワーク対応というのは便利なのでは?って。

で、RCD-M41-SPの横に展示されていたONKYOのCR-N775を試してみたら凄く良い。amazonmusicにも対応しているしラズパイオーディオでやっていたような事がこれ一台で出来ちゃう。これにしようと思って店員さんと話しをしていると、このアンプチョット弱くてZENSOR1だと鳴らなくてきっとショック受けますよって恐ろしい話がw

実際に展示機で試してみると確かにスカスカというか軽い音。あぶねぇ。

店員さんと話ししてる中で出てきたのはONKYOのR-N855、CR-N775より古いけど上位機種だからアンプ周りは全然違いますよってことでお試ししてみたのだが…スゲぇ、全然違うじゃん。音小さくてもちゃんと鳴ってるし、音の厚みを感じる(俺にはそう感じたw)だけど上位機種だからお高いんでしょ。って話へ進むと割引入れるとCR-755と1万も変わらないですよという回答。買うしかねぇ価格コムの最安値よりかなり安いw

そんな流れで購入しました。ネット接続スゲー便利だし音も納得。

TA2020コスパ最強って思って生きてきたけど、もっと早く買っとけば良かったと後悔したという話でした。