マザーボードを交換した話

これまで AsrockのFatal1ty AB350 Gaming K4を使ってきました。RYZEN1700で使い始め、2700Xに載せ替えてこれまで使ってきました。そんな不満のない状態でしたが RYZENが発売されてから2年経過した記念にマザーボードの交換を行いました。

本当は故障する前に交換してしまおうというのが理由です。基本24h365動いており、夏場にエアコンを点けないのでかなり過酷な動作環境です。これまでもコンデンサよりも先にFETが壊れてるんですよねw

そんな環境なので今回は丈夫そうな奴というという事でASRockの
B450 Steel Legend を購入しました。12kコンデンサ(105℃で12000時間使えるよって奴)、60Aチョーク採用で高耐久を売りにしている感じの製品です。ASUSのTUFシリーズと同じ感じですがTUFシリーズの色が嫌いなのでこっちにしました。 レイアウトも良いし、M.2のヒートシンクが付いているのはとてもよい。これだけで1000円得した気分!

実際に使いはじめて気づいたのですが良いことだけではなくGaming K4にあった Sound Blaster Cinema 3の機能が無い。これ結構使っていたので非常に残念です。

それ以外は概ね満足ですが本当に高耐久なのかは少々気になる所です。phase数が9から6に減ったので各FETの温度は上がるはず。同じphase数で高耐久のパーツに変わったのであれば寿命はのびそうですけど、これはphase数を減らして単価をおとした。パーツ点数が減ったので故障発生率が下がるというのを売りにしようというが実際の所じゃないかと思います。OCがーとかいう話ありますけど2700Xは空冷動作ではあまり余力がないので関係なさそうw極冷の話だけでしょって感じです。

ZEN2発売時に新しいチップセットが出るとは思いますがエントリーモデルですし安く組むには良いのではないでしょうか。

光るよっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください