RYZEN2700X+TMPGEnc6でH.264、H.265

RYZEN2700Xをビデオエンコードを行うために購入する方も多いかと思います。

2700Xで実際にエンコードした場合どの位の時間がかかるのかメモを残します。

メモリーは2133、チップセットはB350、CPUは定格での使用。

TMPGEnc6VideoMasteringWorksのバージョンは6.2.8.35。

エンコードの対象となるビデオは2つ用意しました。

2018年5月27日にBS11で放送されたソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインの7話のオープニング部分1分29秒とCMカットなしの30分の映像の2つです。

フィルターは無し、MP4ファイル出力で映像エンコーダーはx264とx265を使用。

x264 x265
OPのみ 59秒 2分24秒
CMカットなし 16分25秒 38分08秒

x264は実用的な速さですがx265だったらNVENC使った方が良いかなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください