水槽立ち上げ時の白濁り。どうするべきか。

夏になると魚飼ってみたいなって人が回りに増えるのですが、はじめて魚飼う人から相談される事No1は水槽の水の白濁りです。

Web検索したりYoutubeみたりすると市販のバクテリア?剤入れてみたりとかで結局いつ透明になるのか全くわからず心配になりますがぶっちゃけ言っちゃいますけど、濾過装置付けて2、3週ほっとけば透明になります。

手順としては…

  1. 飼ってきた水槽を洗う。
  2. 水槽に敷く砂利、砂を水であらって水槽に入れる(濁りがとれればOK)洗うときに使う水はカルキ抜き剤入れて水で良いです。私は浄水器の水でやっちゃいますけどwソイルを使うときはそのまま水槽に入れます。(洗っては駄目)
  3. カルキ抜きした水を水槽に入れる。
  4. 濾過装置の設置。水槽の大きさにもよりますが20cm~25cm位の水槽であればスイサクエイトなどの投げ込み式フィルターと呼ばれる物でかまわないので設置します。
  5. 魚はまだ入れてはダメ!魚の餌をチョット入れます。
  6. 魚の餌が腐ってるのか水が臭う感じになり、水が濁ります。でも我慢。
  7. 2、3週間すると水かきれいになります。濾過装置のフィルターが汚い感じになりますが、それがイイ。しばらく洗ってはダメです。水がきれいになると臭いが無くなります。
  8. 魚を入れる。(よほど寒い部屋でなければ熱帯魚でも夏はヒーターいらないです。逆に冷やしたい位w)

これでOKです。魚を早く飼いたい気持ちから水の濁りがとても気になるのわかるのですが、時間に解決してもらいましょう。

あとチョット注意するとすれば水温。30℃超えてると透明になるまでとても時間がかかります。26℃~28℃位キープできるといいかなと。市販のファンや扇風機の風を当ててるだけでも少し水温さがりますので旨く調整してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です