Palit GeForce RTX 2060 SUPER JSを買った話

GeForce RTX 2060 SUPER JS

2019年7月9日22:00ドスパラ本店に並んだ。

ドスパラに並んだのはPalitがそこでしか売っていないからという理由、他のメーカーの物が狙いであればd払い20%もらえる店で買うよねw

予定ではPalitの1番安いRTX 2060 SUPERを買うつもりでいたんですが、Palit GeForce RTX 2060 SUPER JSしか発売されておらず、価格表をみて50,750円ならいっかと注文してしまった。はい、税別です。悲しいよね。

たけーよ

で、使ってみた感じですが。

良いです。値段以外良いです。

ベンチマークは別として、ゲーム遊んでGTX1080より遅いなと思う物はありませんでした。(といってもPUBG、FF14、NieR:Automata位しかちゃんと遊んでないのですが)

プレスが出してるベンチマーク結果は最新CPUの物が多いのでうちのベンチの結果も書いておきます。

PCのスペックは

RYZEN2700X

DDR4-2666 16Gx2

B450 Steel Legend

ベンチマーク結果は

3DMARK Time Spy 9099
3DMARK Fire Strike 19127
FFXIV漆黒のヴィランズ ベンチ 14843
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 11095

※ベンチマークソフトのデフォルト設定で計測

他のCPUのベンチマーク結果と比べても誤差程度のスコアなので2700Xでも十分な様です。今安いから2700Xで組むのもありですね。

RTX2070より高いじゃんて話もあるけど2070と比べてそれほど遅くないし(速い項目もある)売るとき新しい方が高いのでねw

 

 

 

ThinkPad X270のSSD(NVMe)の交換した話

WDS500G1B0C

ThinkPad X270を購入から1年が経過し、SSDの容量が不足することが増え、都度クリーンアップを行っていましたがそろそろ限界なのでSSDを交換することにしました。

今回のSSD交換でつまずいたのはNVMeのSSDを交換した情報が少なくどのSSDを買うかという事でした。SATA接続のM.2SSDは動く、X270のNVMeはx2動作なので特殊などの情報があるもののどれ買ったら良いか決定的な情報は見つからなかった。

情報がないなら自分の条件に合う物を買おうって事で情報ない時の強い味方ツクモの相性保障付けてWD BLUE SN500(WDC WDS500G1B0C)を購入しました。QLCは嫌、値段は今どきのお安い奴って事で

お値段は9590円(税込)相性保障込み。

結果としては問題なく動作しました。

買ってから知りましたがこのSSDは元々PCIe×2動作なのかな。Diskinfoの情報でもPCIe3.0×2|PCIe3.0×2になってるし速度も公表値とあってる感じでした。

追記:メーカーの使用も×2になっていたので間違いないですね。

本体開けたついでにメモリーも8Gから16Gに交換して快適環境を手に入れた。

やったぜ。