ニコン ミラーレス Z7 Z6発表の感想。

今日13:00から行われた発表みて結構がっかりしてしまった。

先日D4Sが故障しミラーレス買うから修理どうしようかなってまで思ってたのにチョット様子見ようと思います。

残念だった部分は以下のとおり

  1. AF関連
  2. メモリーカード
  3. レンズ

AF関連

これまでの機種はAFのアピールすごかったのに今回は触れないように触れないようにって感じがしてしまった。

この画面の時、瞳AFキターって思ったら「493point focal plane phase detection AF」で終了。特に瞳AFや動体への対応などのアピールは一切なし。

α7IIも持っているのですが、瞳AFは絶対に欲しい機能だったので残念。

もし本当に機能がないのであればソフト面の完成度が低く間に合わせで作ったカメラなのではないかと心配になってしまう。

メモリーカード

XQDについては私はD4Sを使っているので持っているのでかまわないのですが、1スロットはきつい。SDでも良いから付けてくれよって思うよ。

レンズ

Fマウントのレンズが使えるって事もあるのでしょうが、同時発売のレンズが少ないし、マウント変更したので明るいレンズが作れるといってるのに同時発売するレンズに明るい物がない。しかもVR機構が不要になったのにお高すぎる。

こうなると欲しい機能はボディー内手ぶれ補正機能なのでDシリーズの新型に手ぶれ補正機能入れてくれればそれで良いかなってなってしまいました。

まだしばらくはD4Sとα7IIで行く事になりそうだ。

ファンミーティングで触ってみて考えが変わるといいなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください